医療法人社団 めぐみ会

電話でのお問い合わせ:042-311-2250

診療科医師のご紹介

リウマチ膠原病内科

リウマチ膠原病内科では、自己免疫がその原因としての共通基盤を持つ体の節々が痛くなる病気、リウマチ性疾患を主に扱っています。関節リウマチ・多発性筋炎皮膚筋炎・全身性エリテマトーデス・その他膠原病・リウマチ性疾患等

高橋 英吾(たかはしえいご)

東京慈恵会医科大学卒業後、同大のリウマチ膠原病内科に入局し、多くの膠原病疾患(主に関節リウマチ、シェーグレン症候群)など専門性の高い疾患を診療してきました。 リウマチ専門医を取得した後、漢方専門医も取得しました。膠原病などの自己免疫疾患は西洋医学の治療だけでは限界があることを感じたため、少しでも患者様の苦痛を和らげたいという思いが強くなり漢方の道を志しました。目立った症状はないけれどちょっとした違和感を身体に感じる…そんな方は少なくないと思います。膠原病に関わらず、冷えやのぼせなどのささいな不調でも是非お気軽にいらしてください。少しでも多くの皆様に毎日をより快適に過ごして頂けるようお役に立ちたいと思ってます。

所属クリニック

  • 田村クリニック
  • 南大沢メディカルプラザ

診療科医師のご紹介

ページの先頭へ戻る