医療法人社団 めぐみ会

電話でのお問い合わせ:042-311-2250

診療科医師のご紹介

消化器内科

消化器内科では食道、胃、大腸、小腸などの消化管疾患を主に扱っています。内視鏡検査の進歩は著しく、苦痛の少ない診断方法をご提供させていただいております。

医療法人社団めぐみ会理事長 田村 豊(たむらゆたか)

1956年10月生まれ。静岡県出身。京都大学法学部を卒業後、某石油会社で2年間働くが、医者になるために退職する。1年後に岐阜大学医学部に入学し、国立がんセンターや三井記念病院等で内科、特に消化器、肝臓を専門に多くの経験を積む。30代での開業を目標とし、37歳で開業を果たす。

常に前向きで最後まで諦めない性格は、そんな特異な経歴を持っているからである。医者になったきっかけが「人の世話をやける事」であるため、在宅の患者さんの往診にも積極的に出かけて行く。外来の患者さんにおいても、少しでも異常のある患者さんには進んで検査を行い、病気の早期発見に心がける一方、アフターケアも万全で完治を目指し、患者さんの立場になって精神的な支えにもなれるように努力している。

所属クリニック

  • 田村クリニック
  • 南大沢メディカルプラザ
  • めぐみクリニック目黒
  • 自由が丘メディカルプラザ
  • 杉並堀ノ内クリニック

宮本 昌之(みやもと まさゆき)

1961年、茨城県水戸市出身。B型、みずがめ座。
1986年、日本医科大学卒業後、消化器外科入局。その後24年間消化器外科医として主に肝胆膵系の手術に携わり、その中で2000年からは多摩永山病院 外科に勤務、多摩の地域医療にも関わらせて頂きました。2009年に大学病院退職後、世田谷 経堂のクリニックで約5年間、実地総合医療の経験をさせて頂き、この度再び「多摩の地」に戻ってまいりました。
在宅医療は、実地医療の中で今までやりたかった分野ですので、「関わった患者さんを笑顔にする医療」を心がけてがんばりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

所属クリニック

  • 南大沢メディカルプラザ

小野 直美(おのなおみ)

千葉大学医学部卒業。千葉大学と島根医科大学にて消化器内科に所属した。助手、講師を務めたのち、一般病院にて14年間、肝臓病、消化器病を専門として診療に携わる。最近の4年間は、健診センター長として健康管理・病気予防の業務を行う。内科医として、「病気で苦しむ患者さんに寄り添って」という気持ちで診療に当たっています。C型肝炎、そのほか肝臓のことが心配な方、健康診断の判定に心配がある方など、どうぞご相談にいらしてください。

所属クリニック

  • めぐみクリニック目黒

守屋 由紀(もりやゆき)

1972年11月生まれ。帝京大学医学部卒。帝京大学付属病院第一外科でトレーニングを受けた後、医療法人慈繁会土屋病院で診療、総合診療科部長、感染防止委員等を歴任し、2008年1月からめぐみ会に参加。

上部・下部消化器内視鏡の経験を生かし予防医学に専念したいと考えております。マンモグラフィーの読影にも力を入れてまいります。

所属クリニック

  • 杉並堀ノ内クリニック

森 俊文 (もり としふみ)

 1975年生まれ。香川大学医学部卒業後に徳島大学大学院医学部医学科を卒業。JA徳島厚生連麻植協同病院(現:吉野川医療センター)で医長として働いていましたが、上京後は東京医科大学で助教として働いておりました。 消化器疾患を中心に幅広く内科疾患を診させて頂ければと考えておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

所属クリニック

  • 田村クリニック

加藤 正典 (かとう まさのり)

 京都府京都市出身。東海大学医学部卒。昭和大学消化器・一般内科に入局後、昭和大学病院、東京都立広尾病院、国立がん研究センター中央病院(留学)などで腹部の外科を中心に診療していました。 5年程前からは地域医療として訪問診療など一般内科を中心に、消化管の内視鏡にも力を入れています。患者様と、その御家族を含めて、医療、介護のスタッフと、1つのチームを作っていけるよう努力したいと思います。 よろしくお願いします。

所属クリニック

  • めぐみクリニック目黒

小林 奈々 (こばやし なな)

 日本外科学会 外科専門医 患者さんのことを第一に考え、最善の道を提案し、理解して頂いたうえ で共に歩んで治療をしていきます。健康維持は勿論のこと女性特有の 症状、お悩み、そして肛門のトラブルに至るまで可能な限り対応させて いただきます。どうぞ宜しくお願いします。

所属クリニック

  • 自由が丘メディカルプラザ

税所 俊光(さいしょ としみつ)

1971年生まれ東京都出身。1997年横浜市立大学医学部卒業後、横浜市立大学消化器内科に入局し、横浜市大付属病院で研修後、国立がんセンター中央病院や横浜労災病院、パナソニック健康管理センターなどで、消化器内科を中心に内科全般の医療に従事してきました。
内視鏡件数は胃・大腸ともに1万件を超え、苦痛の少ない内視鏡検査を常に心がけています。
病気の予防や早期発見、適切な治療を心がけるのはもちろんのこと、患者さんの立場になって精神的な支えにもなれるように頑張らせていただきます。

所属クリニック

  • めぐみクリニック目黒

林 重之(はやし しげゆき)

東京都出身。昭和56年に杉並区立杉並第六小学校卒業、高校卒業まで阿佐ヶ谷~高円寺で過ごす。平成7年に東京医科大学卒業後、東京医科大学霞ヶ浦病院にて消化器・一般外科学を研修。平成9年より東邦大学大橋病院第三内科・関連病院にて消化器内科・内視鏡専門医としての経験を積み、平成20年に東邦大学より医学博士号授与。平成22年3月より南大沢メディカルプラザ勤務、平成23年3月より同消化器内科部長に就任、現在に至る。

消化器外来では内視鏡検査を最大限に活用して幅広く診療を行っています。当院では苦痛の少ない胃カメラ(経鼻・経口)と大腸内視鏡を受けていただけるように努力しており生検や大腸ポリープ切除術にも対応します。ピロリ菌の除菌も積極的に行っています。さらに血液検査や超音波(エコー)検査も併用して胃腸だけでなく肝臓、胆のう、膵臓などの状態からも腹部症状の原因を追究していきます。消化器疾患だけでなく発熱やめまい、頭痛や腹痛、風邪やインフルエンザ、花粉症、便秘や下痢、痔核、貧血、高血圧や高コレステロール血症、糖尿病や脂肪肝、メタボリック症候群などの体の不調も総合的に診させていただきます。区民検診や人間ドックなどの結果で不安に思っている事がありましたらいつでも御相談ください。疾病の予防や早期発見・治療に努めていきます。予防注射(インフルエンザ・肺炎球菌など)にも対応していきます。どこの科にかかったら良いか迷う場合も何でも気軽に御相談ください。

訪問診療も担当します。訪問診療では通院困難な患者様が住み慣れた自宅で診療を受ける事ができます。心の状態や生活環境にも配慮して安心して過ごせるように全人的医療を実践します。さらに御家族も安心のできる環境を共に作っていけたらと思っています。よろしくお願い致します。

所属クリニック

  • 杉並堀ノ内クリニック

木村 一史(きむらかずふみ)

土木建設会社、青年海外協力隊、教諭を経て医師になった異色の経歴を持つ。消化器感染症を専門として、常磐病院(福島県いわき市)、二本松社会保険病院 (福島市二本松市)、八潮中央総合病院(埼玉県八潮市)、塩釜市立病院(宮城県塩釜市)で 勤務した。

感染症については、1999年 JICA ザンビア感染症対策プロジェクトに参加し、最近では、ピロリ感染症について、オーストラリアでノーベル賞を受賞された ベリー・マーシャル教授に師事し、帰国後当院に勤める。 早大教育学部で地質を学び、現場監督を務めた。協力隊員として赴いたアフリカのリ ベリアでは、英語に苦労しながら手製の教科書を使い、中高生に理科を教えた。帰国 後、教員採用試験に合格し、中学校に勤務したが、医師になろうと一念発起して退 職、32歳で福島県立医大に入学し、免許取得。「小さいころから、世界各地に暮らす さまざまな民族の人々と交流を持ちたいというあこがれがあった。医師になったの は、昔触れた野口英世の伝記の影響があったのかもしれません」と語る。 勤務医の 傍ら、国際協力機構の一員としてアフリカ・ザンビアの感染症研究所でも働いた。 「多くの人と出会った経験が、医師としての土台になっている」と言う。「好奇心や 夢を持ち続けることが大切。等しくある可能性を信じてチャレンジすれば道は開けます」。

所属クリニック

  • 田村クリニック

診療科医師のご紹介

ページの先頭へ戻る